導入事例

導入事例
広告代理店
株式会社フロンテッジ様
流通業
株式会社学研ステイフル様
プラント・建設エンジニアリング
JNC株式会社グループ企業
エンジニアリング部門子会社様
お客様インタビュー
「ERP導入の決め手とは」
製造業 株式会社アドバネクス様
GRANDIT テンプレート 一覧
素材系商社向け
販売管理テンプレート
プロセス製造業向け
生産管理テンプレート
プロジェクト型ビジネス向け
損益管理テンプレート
プラント・建設業界向け
調達管理テンプレート
注文書・支払通知書
自動FAX送信テンプレート
GRANDIT ソリューション
専用・共用(仮想)対応の
クラウドサービス
統合電子帳票パッケージPaplesとの
電子帳票システム連携

広告業界向け
損益把握のためのテンプレートを用いた
基幹システムの導入

広告代理店 株式会社フロンテッジ様
【従業員数:250名年商:400億円 ※導入当時】

事例ダウンロード

導入背景

システムの老朽更新を契機として、社内の仕組みを見直し、
プロジェクト毎の損益状況をタイムリーに把握し経営判断に活すことを
目標に取り組んだ。


広告業界においては、発注が口頭であったり、制作途中で受注金額が変わったりすることは良く見受けられる。制作サイドにおいては、関係者が多く対応が多岐に渡るため、正確な原価を把握することができないことも多い。この結果、正確なプロジェクトの損益は終わってみないと分からず、プロジェクトの途中では 適切な判断ができなかった。
これらの問題を解決することは商慣習の関係もあり簡単ではないが、取巻く商慣習を前提として社内の仕組みを変えることで、プロジェクト毎の損益をタイムリーに把握する仕組みができるとして改善に取り組んだ。

具体的に発生していた問題

01.
システムの老朽化により障害対応や改修のコストが嵩む。
02.
案件毎の損益管理が手作業で、把握するのに時間と労力が掛かった。
03.
各種の管理帳票は手集計が中心となっており、利用するデータの精度を高める必要があった。

解決の考え方

広告業界の特性を考慮したGRANDITの損益管理テンプレートを導入。
これに合わせた仕組みに業務を変えることで、案件毎に要所で発生する原価、経費を随時把握可能な仕組みにした。

導入した仕組み(テンプレート)

導入効果

01.
当初の問題が解決
  1. 運用コストが削減できた。
  2. ジョブ単位に損益管理が可能になった。
  3. 損益管理を把握するために行っていた手作業が無くなり、当該時点における損益が即座に把握できるようになった。
  4. 損益管理の精度が上がった。
  5. 経営状況のタイムリーな把握が可能になった。
  6. 業務見直しにより効率良い営業活動が行えるようになった。
  7. 分散入力が可能になり、属人的な業務が減った(組織のスリム化)
02.
副次的効果が得られた
  1. 案件の状況(進行状況)がコストとして把握できるため、問題のある案件の把握が可能になった。
  2. 問題になりそうな案件が早い段階で発見できるようになった。

こちらの事例はPDFリーフレットをダウンロード頂くことで
より詳細な内容をご覧いただくことが可能です。

事例ダウンロード
資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
資料請求・ダウンロード
お問い合わせ

PAGETOP