NHSが提供するテンプレート

セミナー/イベント一覧
最新
2020年
2019年
2018年
GRANDIT コンセプト
導入形態
操作性・機能性
環境変化への柔軟な対応
導入事例
広告代理店
株式会社フロンテッジ様
流通業
株式会社学研ステイフル様
プラント・建設エンジニアリング
JNC株式会社グループ企業
エンジニアリング部門子会社様
お客様インタビュー
「ERP導入の決め手とは」
製造業 株式会社アドバネクス様
お客様インタビュー
「自社業務に適合したERP選定を」
工業原料商社 株式会社アクロス商事様
GRANDIT テンプレート 一覧
素材系商社向け
販売管理テンプレート
プロセス製造業向け
生産管理テンプレート
プロジェクト型ビジネス向け
損益管理テンプレート
テレワーク対応
営業支援テンプレート
注文書・支払通知書・検収書
自動FAX送信テンプレート
プラント・建設業界向け
調達管理機能
GRANDIT ソリューション
Paplesと専用インターフェースで連携
電子帳簿保存法対応
GUIでカンタン帳票設計PaplesReports
帳票作成ツール
標準帳票テンプレート
専用・共用(仮想)対応の
クラウド対応

プロジェクト型ビジネス向け
損益管理テンプレート 2/4 このテンプレートの
参考導入事例はこちら

テンプレートにおいて対応可能な問題領域

01.
プロジェクト毎の損益管理がリアルタイムにできていないケース
  • 損益管理が“どんぶり勘定”になっているケース
  • 損益を把握するためのデータの信ぴょう性に問題があるケース
  • タイムリーな損益状況が把握できず経営判断が遅れるケース
  • 問題プロジェクトの発見が遅れ、売上後に損失が数多く発覚しているケース
02.
財務費目でしかプロジェクトのコスト状況を把握できておらず、プロジェクト固有の特徴を見逃しているケース
03.
間接費の配賦に手間がかかるケース
04.
自社業務の仕組みを見直し効率化を図るため、効率の良い業務モデルを模索しているケース
05.
内部統制に対応したいケース

期待できる導入効果

01.
プロジェクトの進行状況がコストとして把握できるため、早い段階で問題のあるプロジェクトを把握できます。
02.
プロジェクト毎に管理費目が設定できるので、各プロジェクトのコスト面での特徴をリアルタイムに把握できます。
03.
会社全体、部門全体など損益状況が多面的に、いつでも把握できるため素早い経営判断が可能になります。
04.
間接費の柔軟な自動配賦設定により、間接費配賦の作業を効率化し、高い精度でプロジェクトの損益を把握できます。

※上記導入効果は、お客様の状況などによって変化するものであり、導入効果を保障するものではありません。

統合電子帳票システムPaples

資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
資料請求・ダウンロード
お問い合わせ

PAGETOP